レスポール製作5

またまた写真の撮り忘れ続出で、文章だけで進めます。完全に備忘録として。

ネックの中子部分の製作をします。

まずは中子底面の角度を調整をします。

設計図ではmm必要なのですが、1mmぐらい足りません。最初その状態でブリッチ弦高がしっかり出るように角度調整したのですが、結局失敗してしまいました。

このままだと弦高が低すぎるので、中子底面にネックを切り出した時に出たマホガニーの端材を接着。あらためてベルトサンダーで整えます。

設計図ではジョイントのエンドで高さ49.5mm、16Fで41mm。傾斜の角度は4.5度。この数値を罫書いたラインをギリギリまでねらってベルドサンダーで削ります。

ネックを作業台のはしにクランプでとめて、0Fから1mのスケールを当ててスケールラインを出して628mmの位置の高さをスコヤで測ります。

設計では、材45mm+16mm+ブリッチの高さと弦高で18mmで合計79mm。

ここから弦高と指板の厚さ9mmを引いて、さらにジョイントの部分の厚さ10mmを引いて計60mm。これがノギスと1mスケールがクロスするところで目指す数値。

なんどもベルトサンダーで角度を調整して60.5mmまで近づけました。あと0.5mmありますが、このあたりはいろいろなサンディング、最後の調整で吸収できるのでここではあまり追い込まずにスルーします。攻めすぎてサンダーで削りすぎて失敗するのを避けるためでもあります。

ここまできたらいよいよ中子ジョイントを作ります。

ボディーのジョイントの溝を正確に測り、センターラインからどのくらいずれたが検証します。

結果センターラインから左右それぞれに18.5mmと18mmと0.5mmずれていることがわかりました。

それを踏まえてネックのジョイント部分を正確に罫書いていよいよ削り出します。

ボディと接する斜めになる部分の深さと角度が重要で、特に角度がおかしいと仕上がりに大きく影響します。

手ノコとガイドを使い、4.5度斜めのラインを切り込みます。

縦のラインはバンドソーで切り落とし、ベルドサンダーの円柱部分を使い直線を出します。

今回のレスポールで痛感しましたが、ベルトサンダーをしっかり使いこなせないとかなりやばい。ボディ外周も含めて、かすかに当てて本当に少しづづ削って徐々に慣らすのテクが難しい。これをマスターするいい練習になりました。今思うとテレキャスって簡単だったな〜〜。

ここでようやく写真。なんども削り、最終的に手で削りなんとかハマりました。

だけど奥まで差し込むと、手鋸で切り込んだ斜めのラインとボディーのラインがぴったり合いません。ここはノミを使い左右の切り込みを少しづつ調整してぴったりになるまでひたすら続けます。

右の隙間がなくなるまで削ります。当然今あたっている左側を削るわけです。

写真で少し飛び出ているマホがあとから貼り足した部分。

右側は隙間がありますが、その隙間は均等。逆に左側は手前が当たって奥に隙間が。

何度もノミで薄く削り、ヤスリでならし、削り、ならしと繰り返しました。

何時間かかったかな?? 2時間はやっていたと思う。こういうところが素早くできる人はセンスがあるんだと思う。私にはありません。残念です。それでも続けてればいつかできます。隙間も無くなります。我慢です。焦らないことです。

ここまできたらあとは得意?な機械加工。ザグリです。PUの位置を罫書き、スイッチの位置を罫書き、ブリッジの位置を罫書き、あとはボール盤で穴を開けて、ルーターで掘るだけ。

ここいらへんは慣れました。

つづいてバインディングの溝を掘ります。

本来ギブソンのバインディングはトップのアーチを作ってから掘るのでカッタウェイ部分でメイプル材が少し見えるというのが標準ですが、今回は道具の都合、スケジュールの都合もあり先に溝を掘り、バインディングが足らない部分は貼り足してしまう予定です。

コロつきビットで厚さ1.5mm、深さ6ミリ掘ります。

ビットの切れ味が悪いので結構焦げます。隠れるところなので良いのですが。

一通り作業が終わったら、アーチを作る工程へうつります。

テンプレートを使いアーチの段々を罫書きます。

それぞれルータで掘る深さを書き込み、ミスをしないようにします。

とはルーターで1mmずつ削っていきます。

結局2時間くらいかかりましたが、ようやく段々が完成。

ここからいよいよカンナを使いアーチを作ります。

つづく。

レスポール製作4

ネック製作の続きです。

ロッドを埋めて耳をつけたので、まずは耳を整えます。

ロットの埋め木もカンナで削り平面を出します。

そういえばボディ材を選んでいなかったので、セレクトセレクト!

杢が出たメイプルなどはなくてプレーンなメイプルです。入り皮や節の位置を確認しつつ、一番目につくところに出る杢目を多少気にしつつセレクト。

重さは気にせず、叩いた時の響きを重視。結果このメイプルになりました。

アフリカンマホガニーも同じように杢は特にないので、重さ、叩いた時の響を重視。今回は前作のテレと違い重い材ではなくほどほどの重さを狙いました。できれば出来上がりが4.1kgにしたいんですが、無理かな。

叩いた時になるべく鈴のような綺麗な響き、乾いた響きがするマホを選びました。

写真がないので工程を飛ばしますが、下になるマホガニーは罫がいてPUの線が通る溝をルータで掘りました。

溝は幅12mm、深さ12mm。

メイプルとタイトボンドで接着です。30分も放置すれば動かなくなります。一度クランプ中にずれてしまい、剥がしてもう一度接着しなおしました。

写真の撮り忘れがひどいですね。ここからだいぶ飛びます。

まずはボディ外周を罫がいて、ネックポケットの位置をしっかり決めます。レスポールは中子ジョイントなので、まずボディのポケットを掘り、それにあわせて中子を作ります。

仕上がり線を書いて、2mm外側にアクリルのガイドを貼り、ルータで掘ります。

両面テープの貼り方が悪く、ガイドが少し動いてしまい、幅34mmを目指していたのに、一部35mmに近い箇所が!

あらためてガイドを平行に貼り直し、36.4mmに拡大することになりました。

これに合わせて中子を作ればいいので、特に問題はありません。

ついでにポケットの深さが54mmの予定から54.4mmに深くなりました。

そしてバンドソー、ベルトサンダーを使いボディ外周を切り出します。

この時点で外周はかなり仕上げます。バインディングの接着もあるので、カッタウェイ内側部分などもしっかり仕上がり線ギリギリまで攻めます。あとは手で#150のペーパーで整えます。

つづく。

レスポール製作3

本編に戻ります。

まずはネックを完成に向けて製作します。

ルーターでヘッドの裏の厚みを14.5mmに落とします。表は基準面を出す時にベルトサンダーで削っているのでいじりません。

終わったらボリュートとヒールを仕上げ線ギリギリまで追い込みます。

ネックグリップは仕上げ線の2mm手前までベルトサンダーで削ります。

グリップ面の厚みを落としても特にネックが動かなかったので、安心してロッドを埋めることができます。

ロッドの長さは450mm。ヘッド側のナットの位置は角度のつき始めから2mm先。ネジはボルトの半分くらい出しておきます。

位置を合わせたら治具を使いロッド溝を掘ります。トラディッショナルなロッドなのでRをつけて掘ります。ネックの厚さは1Fで深さ17mm、真ん中7Fで18mm、12Fで19.5mmなので、一番Rがきつくなる7Fで14mmの深さに設定します。

トリマーで地道にビットの長さを出しながら削ると、0F付近の溝の深さは10.7mm、エンド側の深さは11.2mmとなりました。

ヘッド側の六角レンチの刺さる部分はノミで丸く削るのは自信がないのでトリマーで四角く掘ることにします。こちらはナットがしっかり落とし込める深さを3.3mm足して、14mmの深さに掘ります。

エンド側の溶接ナットがハマる深さは1.5mm足して12.7mmとしました。

無事に掘り終わって溝を蓋するタイミングでヘッドの耳を接着してしまいます。

マホガニーの端材の接着面になるところ、ヘッドのサイドをしっかり直線を出してタイトボンドでペタッと行きます。

片方にボンド、片方には水を軽く吹き付けます。

ロッド溝もボンドで埋めて、とりあえず加工終了!

つづく。

レスポール製作2

つづきです。

一旦本体の製作から離れて、ネック折れリペアの練習です。

マホガニーの端材からネックとヘッドのつなぎ目部分のダミーを製作します。

本体のネックと同じく卦がいて、バンドソーとベルトサンダーを使い整形、ノミでトラスロッドナットの入る穴を作ります。

端材ということでサイズが小さい(ネックの一部だから仕方ないけど)ので結構加工がしづらい。左右対称に作っているつもりでも、実は違う。このあたりに木工技術の未熟さが出ます。

とりあえず一度ボリュート無しのダミーを製作してから、ベルトサンダーでボリュートの接着する行程の練習をします。

作業途中の写真がないので飛びますが、円柱部分を使って大きくえぐり、そこに同じRに合わせたマホガニーを接着、固定。

翌日にあらためてボリュートのある状態の罫書きをして、整形します。

なかなかボリュートの頂点からヘッドにかけてのカーブが左右対称にならず、何度も削っているうちに、ダサくなりました。

まあ、これでいちおうダミーのネックの完成。

あとは折るだけ!

折りました。

ボリュートのところから剥がれていないので、リペアとしては成功という感じ。ここからさらに繋ぎ合わせるという作業はしません。

そのうちやってもいいけど。

つづく。

レスポール製作スタート

4月からブログを更新し忘れていました。今年はGWが長くて、そのためにGW前の仕事のスケジュール、そしてGW中の予定、GW開けの仕事とかなりバタバタしてたので、すっかり更新をおろそかに。

そのせいで製作を始めた時の記憶が抜け落ちている……

備忘録として一生懸命思い出さねば。

まずは製図。今回は1958レスポールのイメージなのでヘッドの角度を17度に、ネックシェイプは太めにする予定です。フィニッシュはレモンバーストにしようと思っています。

製図の部分はサクっと省略。

指板材、ネック材のセレクトからスタート。

ネック材は重さはほどほど。なるべく乾いた響きのするマホを選んでみました。

指板はローズなので、縞が少し強めに出ているものをセレクト。

まずは指板にセルバインディングを巻きます。

設計図を元に指板を切り詰めて、ベルトサンダーで直線を出してからキャブを巻きます。

接着剤はセルボンのキャブ用。指板エンド側から貼り付けます。それぞれの角度を45度にして格好良くなるようにします。

テープで固定してとりあえず完成。

続いてネック材の加工に入ります。

1 ネックのサイドのどちらかと、指板接着面が直角に近いほうをスコヤを使い探します。近い方を基準面とします。

2 指板接着面を下にして基準面をベルトサンダーで平面を出します。次に今削った面を下にして、指板接着面を平面にします。

3 基準面の反対側をプレーナーで平面出しします。

これで裏側以外3面の平面が出ました。スコヤをあてて直角を確認します。

4 ヘッドが14度の角度がついているところを17度に削ります。卦がいてからバンドソーで切り出し、ベルトサンダーきっちり平面を出します。

5 そこまでできたら6弦側を上にして、設計図通りに罫書きます。

ネックエンド側の厚さが微妙に足らない…これが後々面倒なことになるとは、、、まあ予感はこの時からありましたが。

6 グリップ側を罫書きの線から5ミリ(赤線)のところでバンドソーで切り出し、しばらく放置してこのマホ材の反りをみます。

こちらのバンドソーはプロ用なので切り出すのが簡単でいいなあ。自宅のはDIY用なので、パワーが足りなくて残念な感じです。

そのうち買い替えたいなあ。

次回へ続く。

新事務所について

この4月から事務所を引っ越しすることにしました。

理由は、あまりにももったいないから。

というか、ギター製作ばかりを工房でしていて、本業はほとんど自宅でやっていたり、事務所のマンションのネット環境が想像以上に悪く、FTPを使ったデータのやりとりがスマホに接続したほうがマシだったりと、わざわざ事務所で仕事をする意味がなくなっていたので、無駄をなくすために決断しました。

打ち合わせなどについては、こちらから出向くか、工房にてと考えています。

ただ、まだ工房のほうの整理、改装などが全く出来ていないので、当分はこちらから伺うことにします。

郵便物などは、新住所(自宅とも言う・右や下に出てます)にお願いします!

多少不便をかけることもあると思いますが、よろしくお願い致します。

尚、工房にもMacを常設するので、どこでもデザイン作業は可能です。ネット環境もnuroなので自宅並に快適です。

ま、工房と言っても、実家なんですけどね。

住所などはいずれ準備が出来次第お知らせ致します。

よろしくお願い致します!

復習編・テレキャスの塗装

復習編は9月にまで遡ることになるのですね。

この半年の間に、完成に近づいては失敗して、というのを繰り返して一進一退という感じでした。

いろいろ失敗しています。もちろんこの塗装工程も……

悲しいけど。

簡易塗装ブースを稼働。ようやくシーラーを吹きました。

まだ、エアコンプレッサー、エアガン、そして塗料の癖などもよく把握していないので、とりあえずという感じでした。

ボディはそこからフィラーで目止めをします。

浜二ペイントのマルチフィラーを使いました。ともかくにシンナー臭がキツイ!

しっかり攪拌してヘラを使って塗り込みました。ムラがあって2回塗りました。そして600番までサンディング。感覚としては生地調整2回目かな。

シーラーを吹いてサンディングシーラーを5回吹いてから着色…と調子よく行きたかったのですが見事にタレてしまって…。

結局また生地調整の要領でフィラーを終えたところに戻る…

3日間の作業が無駄になりました。

持ち手が黒く塗装されているのが我ながら涙を誘います。

塗装は難しい……

このまま塗装を進めると、どこかで失敗してフィラーを終えたところまで戻る、というのを繰り返してしまうでしょう。

ということで

こんなものを製作しました。

バスウッドのBグレード(3Pでした)をアイモクから購入。さくっとボディーの型に切り出して生地調整。持ち手をつけて完成。塗装練習用ボディーです。

こいつを使ってシーラー、サンディングシーラーと塗装してみます。

エアガンの設定はとにかく調整要素を多すぎて難しい。なのでどこかの要素をつねに一定にして少しでも簡略化をしてみようと考えました。

エアタンクの出力をガンの吹付圧力の0.15Mpaに近く設定。ガンの空気吹き出しダイヤルは全開に。

だいたい0.125Mpaという感じですね。ダイヤルで0.15にしてもガンを握っているとこんな感じになります。

あとは塗料の吹き出し量ですが、ネットで調べたところこのガン(W50-136BGC)では2.5回転くらいが良いようなので、1回転から徐々に開けていきます。

パタン幅はとりあえず全閉から半分開けてみます。ここは後ほど細かく試します。

ボディとガン距離、手を動かすスピードをいろいろ試しますが、なかなか目標の艶っとした塗りになりません。

結局、塗調開度は1周半くらいが良いようで…。パタン幅は全閉から2周くらいが程良い感じみたい。

次回は、今回吹いたサンディングシーラーをサンディングして平滑にしてから、さらに設定を追い込みたいと思います。

このボディーは、失敗しても何度でもやり直せるので、楽しい!

塗装はまだまだ練習が続きます。

テレキャスターに改造

エスクワァイアが完成したばかりですが、早速改造です。

やることは、パーツをはずして罫がいて、穴掘って、組み込んで終わり。

シンプルですが、ピカピカのボディを傷つけないように丁寧に作業を進めます。

とうぜん、コントロール内は全て配線をし直す必要があります。

そうそう、ピックガードも穴を開けましょう。

終わったらあらためて弦高、ピックアップの高さを調整し、オクターブチューニングをして完成。

バキッとした乾いた音から、フロントのややマイルドな音まで、かなりいい感じです。

ただここですごく気になることが、、、

やけに重いな、と思っていたので、自宅で体重計を使って計測。

これはヤバイでしょ!!!!

そこいらへんのベースよりもはるかに重い!

PSRとくらべても1kgも重い!

確かに重いアッシュを選びました。ネックもフェンダー系ではありえない極太ネック(58レスポール、58ES335並みに太い!)。軽くなる要素はゼロ。

その分アンプからの音も特徴的で、かなりガッツのある、腰のある、分離感のある音。低音もしっかり出ます。カリカリの軽い音はしません。ジャリジャリ、キラキラ、ゴリゴリという感じ(これで分かるのか??)。

生音はそれなりに大きく、ボディーが音を弾き返している印象ですが、実はボディーが大きく振動している感じはしないのです。これは計算外。重くて硬い分、そので程度では共鳴しないぜ!っていう木の反発心を感じます。

ネックはとてもよく振動して、しっかり鳴っている印象。

生で弾くとPRSより低くて強い音がします。

これにて昨年4月から続いていた人生初のギター作りは終了です。

ちなみに御茶ノ水にあるGCAに、1年間週末だけ通いました。いきなり1枚の板から削り出してギターを作るというのは他にない内容。とにかくとてもとても、勉強になりました。

いままでのギター感、楽器業界感、そしてESP感が全く変わりました。小さな工房の凄さ、リペアショップの偉大さ、大メーカー資本のレベルの高さなど、一度作る立場になってみないと、まるでわからないことばかり。

来年度も引き続き通うので、よりスキルをつけていきたいと思っています。

自宅にて並行して作っていた、テレキャスとプレべは仕事に合間でしか進まないので、まだまだ途中です。

何度も失敗して作り直しているので、プレべに至ってはネックに指板を貼る工程まで巻き戻って、そこで停滞中。

テレキャスは木工が完了して、塗装待ち。

塗装ブースを自作しているのですが、それが完成しないと塗装できません。

ルミナスのラックを使い、骨組みが完成。周囲にプラダンを使って壁を作り、フィルターを貼り付けて完成の予定です。

換気扇の風量が足りるのが心配ですが、まずはこれで塗装に挑みます!

完成したテレは、ナットの作り直しへと進みます。ぞくぞく改造予定です。

まだまだ続く。

組み込み その2

組み込みの続きです。

 

ネックをネジ2本でとりつけます。

これはセンターずれの調整をあとでするため。

弦を貼り、ネックの反りを直します。

ブリッジの高さを調整してナットの調整。

 

ナットは1Fで0.5mmになるように溝を深くします。

途中で割れたので、作り直し…。

ま、ガシガシ溝を深くしました。

 

次に2Fをおさえて1〜6弦の1F上の隙間が同じになるようにさらに溝を深くします。

2Fをおさえた状態での1F上の弦高は0.2~0.3mmくらい。

あらためてブリッジのコマの高さの確認、

最終Fで弦高2mm。

リアPUの高さも調整。だいたい弦高2〜3mm。

最後にオクターブ調整をして、ストリングガイドを取り付けたら、とりあえず完成!

 

ナットの弦間がバラバラなのはご愛嬌。後でナットを作り直します。

 

一度自宅に持って帰って、じっくりと試し弾き。

そしてPRSと記念撮影。

記念すべき手作りギター1本目です!

 

次回は早速改造編!

組み込み

いよいよ組み込みです。

まずはコントロールパネル内の配線。

エスクワァイアなので、リア1P。セレクターはプリセットトーン、ノーマル、直結の3つ。

シンプルかと思いきや、結構面倒くさい。

半田付けが下手くそだと、あらためて実感。

練習せねば!せねば!

 

 

次にマスキング剥がし。

 

ナットのところと同様にカッターを使い塗装に割れ目を入れて、鉄鋼ヤスリを使ってポケット内にのった塗装を削り落とします。

マスキングテープと塗装がしっかり分離したらゆっくり慎重に確認しながらマスキングを剥がします。

 

もっとやすりで塗装を落としてOK。

あとでネックが入らずに削ることになるので。

 

 

モノラルジャックを取り付けます。

 

そしてあらゆるネジ穴の面取り。ハンドドリルに砥石をつけてぐりぐり。

 

次にストリングブッシュを取り付けます!

で、写真がない!!!

 

とりあえずテキストで、、、。

今回とりつけるESPのブッシュは径が8mm、高さが10.5mm。

まずはボール盤でボディの表面にある弦の通る穴を深くします。

ドリルビットの先がすこし貫通するくらいに。

1と6弦のところだけボディの裏側に少し穴がみえたら、

マスキングテープを貼って、その上に6つのポイントをけがきます。

今回は11m間隔でけがき、千枚通しで印をつけます。

できたら、裏から8mmのドリルビットで深さ10.5mmの穴を開けます、

 

この時、刃先が暴れるので、とにかくしっかり固定。

そして刃の出し入れはゆっくりと。でないと塗装がめくれます。

なんとか終わったけど、最初に貫通させておいた1と6弦の穴だけ大きい!

これは貫通した穴のせいで刃先が材に食い込んでガイドをできないので、材の抵抗で刃先がぶれて穴が大きくなってしまうとのこと。

穴を開けているときのボール盤からの音と振動が明らかに違うので、「ああ、ブレてる!」ってわかるけど、もうどうしようもない。

塗装前に穴を開けておくとか、貫通させておくとか、いろいろ方法はあるみたいなので、自作では違う方法を試してみます!

 

ここまで終わったら次はペグ。

こちらもしっかり直線がでるように両面テープを使って固定しながらネジ穴に千枚通しで印をつけ、ハンドドリルで穴を開けます。

ペグ穴は塗装で狭くなっているのでリーマーで広げ、ブッシュはボール盤で打ち込みます。

 

 

 

 

そしてネックジョイントの穴開け。

の前にネックポケットの調整。

塗装のせいでネックが太り入らない。

 

ポケットの塗装を丸棒ヤスリなどでしっかりけずり、15cmスケールに紙やすりを貼ってさらにポケットを拡大。

それでもはいならい場合はのみでうすく削りさらに拡大。

最後にボール盤に棒をつけて紙やすりを貼り付け、ネックポケットのRを拡大してようやくネックがポケットに収まりました!

 

そして本題のネックのネジ穴開け。こちらも少しコツがいります。

ハンドドリルの刃の逃げる方向をしっかり意識して、

最初の4〜5ミリくらいは斜め上に押し込み、途中でまっすぐに戻してさらに穴を開けます。

これによってネックがボディー側に押し付けられながら固定されるようになります。

 

 

さいごにリアプッリジ、PUをとりつけて、コンパネのポッドと結線。

すべて取り付けて終了。

 

ネジにはロウをつけるのを忘れずに!

 

次はネックを取り付けてナットの調整だ!