レスポール製作11

引き続きYouTubeのUpをしています。

ただ、10月〜12月に仕事が集中してしまい、こちらの撮影が全く出来ませんでした。

ということで、ボディ準備編でUPが止まっております。

再開は1月になります。

早く動画用のレスポールとレスポールJrも進めたい!

さらに並行してジャズベも作っています。こちらは写真すらまともに撮っていないので、完成してから公開しようと思っています。

さて、レスポールですが、フレットを打ちます。



22Fから13Fまでは、ボディーを作業台にクランプして、当て木で打ち込みます。

12Fから1Fまではマクラで打つフレットの下を支えて打ち込みます。

無事に打ち終わりました。次はナットを取り付けます。ナットはベルトサンダーで整形してアロンアルファ3滴で接着します。

フレットサイドは鉄工ヤスリで70度ぐらい傾けて削ります。

これが終わったらようやく木地調整に入ります。

この木地調整にかなり時間がかかりました。ネックのシェイプ、アーチの感じなどかなりの修正をしました。カンナとスクレーパーを総動員して3日かけてようやく終わりました。

やっぱり木工作業の段階でもっとしっかりシェイプを作っておかないとダメですね。反省です。

木地調整が終わったらスタッド打ち込んでアース線をしっかり食い込ませた後、マスキングをします。

マスキングは指板面、コントロールの穴トラスロッドのナットネジ、といった感じ

そしてシーラーを1発吹きます。

シーラーを吹いて、乾燥中です。

つづく