レスポール製作9

前回も書きましたが地道にYoutubeをアップしづつけています。

Youtubeの動画は自宅工房で作っているレスポールとレスポールjrの2本の作業行程を動画にしています。進み具合は遅いです。現在8本UPしました。ここでようやく指板が完成。遅い!!! 

これからボディーの加工を始めますが、そのための準備がいろいろ必要。

自宅には必要なテンプレートがないので、それを作るところからやっています。イラレ大活躍。MDFでテンプレート作るところも動画にしていく予定です。

カメラは気がつけば中華アクションカメラからOsmo Actionにグレードアップしました。価格は10倍(笑)! こういうところに先に、どんどんこだわってしまうのが私です。

よろしくお願いします!

ddm Handmade Guitar & Bassというチャンネル名で登録しています。

https://www.youtube.com/channel/UCgGTca7-TfwitVP9kC48kyw/featured?view_as=subscriber

さて、ここからこのブログの本題です。

前回指板の接着まで終わりました。

いよいよネックを完成させていきます。

やることはシンプル。

とにかく削る!

南京カンナ、繰り小刀を駆使して形を作ります。

これは経験がモノを言う。まだネック製作本数3本の私には難しい作業。

それでもいろいろな気づきがあり、勉強になります。

真ん中は削らないようにマスキングテープで印をつけて、握りを作っていきます。

ボディとの接着部分は、繰り小刀で形をつくります。

ボリュートのついたギターを持っていないので、ここはイメージを膨らませて自然な感じに見えるように削ります。

やっぱり小刀がしっかり使えないと話にならない…。

そして自分の南京カンナがダメダメなのでリペアをしてもらいました。

やり方を教わったので、自分でもリペアにチャレンジしてみたいです!

今回ではまだ完成せず。次回につづく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください