レスポール製作7

ボディーのアーチ加工が終わりました。

四方反りカンナと反りカンナを駆使して、とにかく削る。

文字で表現するのは難しいですが、ギブソンレスポールのアーチを想像しながら、指先でボディをなぞりながら削り足りないところを確認しながら、なんとか完成しました。

ギブソンのレスポールは意外と返しがなくて、PRSに比べるとニュルっとしていると言うか、ペタッとしていると言うか…。

そのレスポールのコピーなので全体的にはあまり極端な高低差のない、なだらかなアーチになりました。

裏のザグリも終わりましたので、あとはセル巻きです。

キャブボンを使い接着しました。

ちょっと接着が甘いところがありますが、あとでアロンアルファで修正する予定です。

後日スクレーパーを使いセルかきしました。

スクレーパー楽しいですよね。私は好きです。

またまた写真を撮り忘れましたが、ネックの加工も進めています。

つづく。

———————————-

最近YouTubeを始めました。

作業場でレスポールとレスポールJrを2本同時製作しているのですが、どうせなら作っている姿を撮影して、それをYouTubeにUPしようと思いました。

年間契約でAdobeソフトを使っているので、Adobe Premiere Pro CCなど使って編集も出来るのでいろいろと都合が良い。

ソフトの使い方を覚えながらUPをしています。

仕事の空き時間に作業しているので、半日くらいしか製作時間が取れず、動画もほぼノーカットなので、動画の内容的にはなかなか進まない感じです。

そして地味な絵柄…。面白いのか疑問ですが、誰かの監視の眼を気にしながら作業しているので、結構丁寧に、そして落ち着いて段取りを考えながら行動できます。自分で自分の作業姿を見ることなんて無かったので、いろいろな反省点も浮かび、一石二鳥? です。

このためにわざわざアクションカメラをGetしました。しかも2台。

OSMO ACTIONです。いつかMTBライドにも使えそう。小さくて使いやすいです。

NikonのD810もあるのですが、こちらは粉塵を浴びせるのが気の毒なので限定的に使っています。

ということで、興味がある方はぜひ観てください。ついでにチャンネル登録もしてください。よろしくお願いします!

https://www.youtube.com/channel/UCgGTca7-TfwitVP9kC48kyw