レスポール製作6

いよいよアーチを削るのですが、その前に指板接着面の平面を出します。

ボディ中子のところですね。まだ削ってないのでネックと斜めの段差が。

ベルトサンダーに4.5度のまくら木に載せて慎重に削ります。

狙った位置まで平面が出たら終了。

ほぼツラが揃いました。あとは仕上げで削るので、ここで終わり。

あとは反りカンナ、四方反りカンナを使いアーチの段差を削り、滑らかな山にして行きます。

とにかく削る。カンナの切れ味が悪くなったら刃を研いで、そしてまた削る。

メイプルは硬いので、けっこう刃がすぐにダメになります。

ただひたすら、我慢。

とりあえずここまでできました。参考にしている本物レスポールと記念撮影。

つづく。