水研ぎ&バフ掛け

ボディーの水研ぎが終わり、コンパウンドとワックスでバフ掛けをしました。

 

とにかく、コンパウンドが跳ねるので、コーグルはしてたほうが良いと思います。匂いも結構きつい。

コンパウンドでツヤっとしますが、実は結構傷が残っているので、よく光を反射させて、柔らかいバフで傷を取らないとダメです。

そして、ツヤツヤになると、塗装のミスがよくわかる…。

畝ったところが結構多くて凹みます。

塗装で垂らさない、吹ぶかせないと言われた意味がよくわかりました。

ツヤツヤを目指してしっかり重ねないと、ここで全てアラとなってわかるのですね。

 

ここでボディはとりあえず完成!

 

続いてネックの水研ぎ。

 

 

こちらも#800、#1000、#1500と耐水ペーパーできれいにしていきます。

作業しながら光にかざすと、これまたクリアが垂れた跡が目立ちます。

塗装は難しいですね。

 

 

とにかく平面が出るように丁寧にヤスリを掛けて、ボディと同じくバフ掛け。

とりあえずネックも完成になりました。

 

次はフレット、ナット周りの作業になります。