塗装工程へ

生地調整が終わりいよいよ塗装へ。未知の世界へ突入です。

 

ネックが先行しました。

 

 

まずはウッドシーラーを塗ります。これは先に作業しておいてもらいました。

さて、使う塗料は浜二ペイント製。

Uコートシーラーを1回。

次にUコートサンジングを5回。

塗装間隔は徐々に長く開けていきます。

今回は10:30/11:00/11:45/12:30/13:30/14:30

これらはポリウレタン系です。いわゆるツヤツヤテカテカのやつ。

 

 

 

合間にボディーの生地調整も終えます。

そしてボディにもまずウッドシーラーを吹きます。

乾燥後にウッドフィーラーをスポンジで塗り込みます。こちらは2回。

たっぷりと導管を埋めてあげます。

ここまで1日終了。

 

次はボディーです。

最初にウッドシーラー。

10:00にシーラーからすぐにサンディングシーラー

そしてサンディングシーラー。

合計で6回。

10:00/11:00/12:15/13:30/14:30/15:30

合間には先にサンディングシーラーを吹き終えたネックの研磨作業をしてました。

それにしてもボディは重くて大きいので吹くのが本当に難しい。

重さに気を取られている間にうっかり吹きすぎて、盛大に垂れてしまいました。

 

このあたりも全て慣れ、経験、失敗、練習といったものの積み重ねでしょうね。

修行します。

 

塗るときのテクニックはもう文字では書くの不可能。手帳に細かくイラストを書いて思いだします。

自作でやるのがなんか怖いです。でも仕方ない。失敗から学べば良いのです。