生地調整の準備

いよいよ木工作業の終盤です。

 

まずはナットを加工してとりあえず取り付けるところまで。

ベルトサンダーで厚みを出すのですが、とにかく削りすぎてしまう。

2回も失敗しました。

 

 

次にロングドリルで配線を通す穴を空け、ネックを取り付ける穴もボール盤で空けます。

 

次はネックを仕上げます。南京カンナを使いシェイプと整えてヤスリが当たらないところは小刀を使い細かく削ります。

同じくボディも仕上げます。外周のRをつける作業は手作業!

R3という小さめの円なので南京カンナを使い徐々に丸くします。

またカッタウェイなどのベルトサンダーの入らないところも、繰り小刀と鉄工ヤスリと使い仕上げます。

 

 

 

ネックポケットの形も整えます。

 

一通り終わったらいよいよ生地調整に入ります!