ネックポケットを掘る。

いよいよ7月も終わり。つまり1学期も終わり。

懐かしい響きだな〜1学期。

そして夏休み。

 

当たり前ですが夏休みはありません。

フリーである以上毎日が営業日であり、毎日はお休み。いや、お休みは本当に避けたいです。

 

さて、ネックがある程度の形になったということで、それを元にネックポケットを掘ります。

 

きっといろいろな作り方があります。

まず真っ先にネックポケットを掘るパターン。

ボディーの外形がすべてできてから掘るパターン。

そして今回がその真ん中のパターン。

 

よくよく考えると、こうするには理由があるんですね。

それは工具の使い方の熟練度を徐々に上げていきながら、1本と完成させるという、製作工程の流れ。

カンナ、バンドソー、ベルトサンダー、トリマー、ルーター、ノミ、ボール盤といった木工で使う道具たちを一通り使ったちょうどそんなタイミングがここなんですね。

 

さて、ネックですが、機械で加工しているわけではないので、寸法に誤差が結構あります。

なのでポケットのジグなどで掘らず、現物に合わせて掘ります。

私のネックはエンドの幅が56.2mm。エンドから80mmの位置が54.8mm。そこからルーターのガイドの隙間4mmを足して罫書きます。

そこにルーターのビットのブレを考慮して、さらに0.3mm内側にガイドになる定規を両面テープで固定します。

この作業が大変!

とにかくノギスで測っては貼って、合わなかったらずらしてまた測っての繰り返し。とにかく時間がかかりました。

 

ここで焦るとロクな事になりません。

でも焦ってしまうのです。

 

 

 

 

ガイドが貼れました。

 

あとはボール盤で肉抜きをします。

 

 

そしてルーターを使いキレイにさらいます。

 

 

完成!

 

ネックポケットの奥行きは75mmなので卦がいてからバンドソーでカット。

そしてベルトサンダーとノミを使い仕上げます。

 

 

途中でチップしてしまいましたがとりあえず残った部分も落とせてひとまず完成になりました。

 

 

ネックと一緒に記念撮影。

 

今回はここまで。

 

 

さて、8月はこちらと並行して進める予定だった自作テレ&プレべを進める予定。

 

とは言え、マイ工房の整備がまだ終わっていないので、なかなか進んでいません。

 

時間ないな〜〜。