レスポール製作2

つづきです。

一旦本体の製作から離れて、ネック折れリペアの練習です。

マホガニーの端材からネックとヘッドのつなぎ目部分のダミーを製作します。

本体のネックと同じく卦がいて、バンドソーとベルトサンダーを使い整形、ノミでトラスロッドナットの入る穴を作ります。

端材ということでサイズが小さい(ネックの一部だから仕方ないけど)ので結構加工がしづらい。左右対称に作っているつもりでも、実は違う。このあたりに木工技術の未熟さが出ます。

とりあえず一度ボリュート無しのダミーを製作してから、ベルトサンダーでボリュートの接着する行程の練習をします。

作業途中の写真がないので飛びますが、円柱部分を使って大きくえぐり、そこに同じRに合わせたマホガニーを接着、固定。

翌日にあらためてボリュートのある状態の罫書きをして、整形します。

なかなかボリュートの頂点からヘッドにかけてのカーブが左右対称にならず、何度も削っているうちに、ダサくなりました。

まあ、これでいちおうダミーのネックの完成。

あとは折るだけ!

折りました。

ボリュートのところから剥がれていないので、リペアとしては成功という感じ。ここからさらに繋ぎ合わせるという作業はしません。

そのうちやってもいいけど。

つづく。

レスポール製作スタート

4月からブログを更新し忘れていました。今年はGWが長くて、そのためにGW前の仕事のスケジュール、そしてGW中の予定、GW開けの仕事とかなりバタバタしてたので、すっかり更新をおろそかに。

そのせいで製作を始めた時の記憶が抜け落ちている……

備忘録として一生懸命思い出さねば。

まずは製図。今回は68レスポールのイメージなのでヘッドの角度を17度に、ネックシェイプは太めにする予定です。フィニッシュはレモンバーストにしようと思っています。

製図の部分はサクっと省略。

指板材、ネック材のセレクトからスタート。

ネック材は重さはほどほど。なるべく乾いた響きのするマホを選んでみました。

指板はローズなので、縞が少し強めに出ているものをセレクト。

まずは指板にセルバインディングを巻きます。

設計図を元に指板を切り詰めて、ベルトサンダーで直線を出してからキャブを巻きます。

接着剤はセルボンのキャブ用。指板エンド側から貼り付けます。それぞれの角度を45度にして格好良くなるようにします。

テープで固定してとりあえず完成。

続いてネック材の加工に入ります。

1 ネックのサイドのどちらかと、指板接着面が直角に近いほうをスコヤを使い探します。近い方を基準面とします。

2 指板接着面を下にして基準面をベルトサンダーで平面を出します。次に今削った面を下にして、指板接着面を平面にします。

3 基準面の反対側をプレーナーで平面出しします。

これで裏側以外3面の平面が出ました。スコヤをあてて直角を確認します。

4 ヘッドが14度の角度がついているところを17度に削ります。卦がいてからバンドソーで切り出し、ベルトサンダーきっちり平面を出します。

5 そこまでできたら6弦側を上にして、設計図通りに罫書きます。

ネックエンド側の厚さが微妙に足らない…これが後々面倒なことになるとは、、、まあ予感はこの時からありましたが。

6 グリップ側を罫書きの線から5ミリ(赤線)のところでバンドソーで切り出し、しばらく放置してこのマホ材の反りをみます。

こちらのバンドソーはプロ用なので切り出すのが簡単でいいなあ。自宅のはDIY用なので、パワーが足りなくて残念な感じです。

そのうち買い替えたいなあ。

次回へ続く。

復習編・テレキャスの塗装

復習編は9月にまで遡ることになるのですね。

この半年の間に、完成に近づいては失敗して、というのを繰り返して一進一退という感じでした。

いろいろ失敗しています。もちろんこの塗装工程も……

悲しいけど。

簡易塗装ブースを稼働。ようやくシーラーを吹きました。

まだ、エアコンプレッサー、エアガン、そして塗料の癖などもよく把握していないので、とりあえずという感じでした。

ボディはそこからフィラーで目止めをします。

浜二ペイントのマルチフィラーを使いました。ともかくにシンナー臭がキツイ!

しっかり攪拌してヘラを使って塗り込みました。ムラがあって2回塗りました。そして600番までサンディング。感覚としては生地調整2回目かな。

シーラーを吹いてサンディングシーラーを5回吹いてから着色…と調子よく行きたかったのですが見事にタレてしまって…。

結局また生地調整の要領でフィラーを終えたところに戻る…

3日間の作業が無駄になりました。

持ち手が黒く塗装されているのが我ながら涙を誘います。

塗装は難しい……

このまま塗装を進めると、どこかで失敗してフィラーを終えたところまで戻る、というのを繰り返してしまうでしょう。

ということで

こんなものを製作しました。

バスウッドのBグレード(3Pでした)をアイモクから購入。さくっとボディーの型に切り出して生地調整。持ち手をつけて完成。塗装練習用ボディーです。

こいつを使ってシーラー、サンディングシーラーと塗装してみます。

エアガンの設定はとにかく調整要素を多すぎて難しい。なのでどこかの要素をつねに一定にして少しでも簡略化をしてみようと考えました。

エアタンクの出力をガンの吹付圧力の0.15Mpaに近く設定。ガンの空気吹き出しダイヤルは全開に。

だいたい0.125Mpaという感じですね。ダイヤルで0.15にしてもガンを握っているとこんな感じになります。

あとは塗料の吹き出し量ですが、ネットで調べたところこのガン(W50-136BGC)では2.5回転くらいが良いようなので、1回転から徐々に開けていきます。

パタン幅はとりあえず全閉から半分開けてみます。ここは後ほど細かく試します。

ボディとガン距離、手を動かすスピードをいろいろ試しますが、なかなか目標の艶っとした塗りになりません。

結局、塗調開度は1周半くらいが良いようで…。パタン幅は全閉から2周くらいが程良い感じみたい。

次回は、今回吹いたサンディングシーラーをサンディングして平滑にしてから、さらに設定を追い込みたいと思います。

このボディーは、失敗しても何度でもやり直せるので、楽しい!

塗装はまだまだ練習が続きます。

テレキャスターに改造

エスクワァイアが完成したばかりですが、早速改造です。

やることは、パーツをはずして罫がいて、穴掘って、組み込んで終わり。

シンプルですが、ピカピカのボディを傷つけないように丁寧に作業を進めます。

とうぜん、コントロール内は全て配線をし直す必要があります。

そうそう、ピックガードも穴を開けましょう。

終わったらあらためて弦高、ピックアップの高さを調整し、オクターブチューニングをして完成。

バキッとした乾いた音から、フロントのややマイルドな音まで、かなりいい感じです。

ただここですごく気になることが、、、

やけに重いな、と思っていたので、自宅で体重計を使って計測。

これはヤバイでしょ!!!!

そこいらへんのベースよりもはるかに重い!

PSRとくらべても1kgも重い!

確かに重いアッシュを選びました。ネックもフェンダー系ではありえない極太ネック(58レスポール、58ES335並みに太い!)。軽くなる要素はゼロ。

その分アンプからの音も特徴的で、かなりガッツのある、腰のある、分離感のある音。低音もしっかり出ます。カリカリの軽い音はしません。ジャリジャリ、キラキラ、ゴリゴリという感じ(これで分かるのか??)。

生音はそれなりに大きく、ボディーが音を弾き返している印象ですが、実はボディーが大きく振動している感じはしないのです。これは計算外。重くて硬い分、そので程度では共鳴しないぜ!っていう木の反発心を感じます。

ネックはとてもよく振動して、しっかり鳴っている印象。

生で弾くとPRSより低くて強い音がします。

これにて昨年4月から続いていた人生初のギター作りは終了です。

ちなみに御茶ノ水にあるGCAに、1年間週末だけ通いました。いきなり1枚の板から削り出してギターを作るというのは他にない内容。とにかくとてもとても、勉強になりました。

いままでのギター感、楽器業界感、そしてESP感が全く変わりました。小さな工房の凄さ、リペアショップの偉大さ、大メーカー資本のレベルの高さなど、一度作る立場になってみないと、まるでわからないことばかり。

来年度も引き続き通うので、よりスキルをつけていきたいと思っています。

自宅にて並行して作っていた、テレキャスとプレべは仕事に合間でしか進まないので、まだまだ途中です。

何度も失敗して作り直しているので、プレべに至ってはネックに指板を貼る工程まで巻き戻って、そこで停滞中。

テレキャスは木工が完了して、塗装待ち。

塗装ブースを自作しているのですが、それが完成しないと塗装できません。

ルミナスのラックを使い、骨組みが完成。周囲にプラダンを使って壁を作り、フィルターを貼り付けて完成の予定です。

換気扇の風量が足りるのが心配ですが、まずはこれで塗装に挑みます!

完成したテレは、ナットの作り直しへと進みます。ぞくぞく改造予定です。

まだまだ続く。

組み込み その2

組み込みの続きです。

 

ネックをネジ2本でとりつけます。

これはセンターずれの調整をあとでするため。

弦を貼り、ネックの反りを直します。

ブリッジの高さを調整してナットの調整。

 

ナットは1Fで0.5mmになるように溝を深くします。

途中で割れたので、作り直し…。

ま、ガシガシ溝を深くしました。

 

次に2Fをおさえて1〜6弦の1F上の隙間が同じになるようにさらに溝を深くします。

2Fをおさえた状態での1F上の弦高は0.2~0.3mmくらい。

あらためてブリッジのコマの高さの確認、

最終Fで弦高2mm。

リアPUの高さも調整。だいたい弦高2〜3mm。

最後にオクターブ調整をして、ストリングガイドを取り付けたら、とりあえず完成!

 

ナットの弦間がバラバラなのはご愛嬌。後でナットを作り直します。

 

一度自宅に持って帰って、じっくりと試し弾き。

そしてPRSと記念撮影。

記念すべき手作りギター1本目です!

 

次回は早速改造編!

ナット溝切り+フレットすり合わせ

前回の続きです。

 

ヘッドのバフ掛けを終わらせます。

とにかくバフ布の傷を消すために当てすぎると、コンパウンドのカスがこびりつくので最初からやり直し、ということを繰り返して無駄に時間を食いました。

 

ひとまず磨きは終了。

 

次にナットを加工します。

クリアに覆われたマスキングテープを、周りのクリアを割らないように丁寧に剥がします。デザインナイフを使ってゆっくりと。

 

 

クリアが乗ったことで微妙に狭くなった溝を、元の幅に戻すために紙やすりで削り、事前に作ったナットをはめてみます。

次に弦の乗るところを卦書いて、溝切りヤスリで溝を掘ります。

 

 

とりあえず完成です。ここから先は弦を張ってからですね。

 

 

続いてフレットのすり合わせ。

 

 

マスキングをしてから、すり合わせ。このあたりは練習していた通りの手順でやれば問題なし。

フレットにクリアがたっぷり乗っているので、スクレイパーを使いフレットと指板の境目から上を狙い切れ込みを入れ、フレットの上のクリアをパキっと剥がします。

フレットにマジックで色をつけてからすり合わせ。

ただしとにかく削り過ぎないように、元のフレットの山を大切に削ります。

 

最後まで仕上げて、レモンオイルで指板とフレットの間の汚れを取っておしまい!

 

次は組み込みです。

水研ぎ&バフ掛け

ボディーの水研ぎが終わり、コンパウンドとワックスでバフ掛けをしました。

 

とにかく、コンパウンドが跳ねるので、コーグルはしてたほうが良いと思います。匂いも結構きつい。

コンパウンドでツヤっとしますが、実は結構傷が残っているので、よく光を反射させて、柔らかいバフで傷を取らないとダメです。

そして、ツヤツヤになると、塗装のミスがよくわかる…。

畝ったところが結構多くて凹みます。

塗装で垂らさない、吹ぶかせないと言われた意味がよくわかりました。

ツヤツヤを目指してしっかり重ねないと、ここで全てアラとなってわかるのですね。

 

ここでボディはとりあえず完成!

 

続いてネックの水研ぎ。

 

 

こちらも#800、#1000、#1500と耐水ペーパーできれいにしていきます。

作業しながら光にかざすと、これまたクリアが垂れた跡が目立ちます。

塗装は難しいですね。

 

 

とにかく平面が出るように丁寧にヤスリを掛けて、ボディと同じくバフ掛け。

とりあえずネックも完成になりました。

 

次はフレット、ナット周りの作業になります。

塗装終了

仕事が忙しくて、こちらの内容を更新できないでいました。

本業が忙しいのはありがたいことです。

 

前回はネックは、シーラーとサンディングシーラーを吹き終わり、サンディングまで進めました。

ボディは、サンディングシーラーを塗ったところまで。

 

 

今回は、ネックはトップを吹く工程、ボディーはサンディングと着色の工程と進めます。

写真はありませんが、ネックはトップはウレタンではなくてはラッカーにしました。理由は塗装の練習をするため。ラッカーはウレタンと違って何回も吹かないといけないので、それだけ回数が稼げる。ラッカーの塗装はウレタンと違って日を跨いでもシーラーを吹かないで良い、というメリットもあります。

 

ボディーはサンディングです。

ゴムパッドに#320の紙やすりをつけてひたすら平面を出す…。

今回はサンバーストなので#600までかけます。

 

 

きれいにサンディングできたら着色です。

 

ただ、今回はまずは側面だけサンディングしてからシースルーの黒を吹きます。

 

 

側面が少し乾いてから、トップとバックをサンディングします。

 

ひとつ手順を入れ替えることによって、サンバーストになる部分に余計な黒のしぶきが残らず、綺麗なバーストになります。

 

こんな感じ。

 

 

サンディングが終わったトップとバックをサンバーストにします。

まずは一番したにイエロー、次に縁になる黒、最後に中間の赤を吹きます。

 

 

バックは黒が太くなりました。

エアガンの使い方に度胸がないため、何度も遠くから吹くとこうなります。反省。

 

この作業と並行してネックにはラッカートップを吹き続けます。

10:00,12:00,14:00の3回。

 

ここで翌日です。

ネックは引き続きラッカートップを吹きます。

9:45,11:00,13:30,14:45,16:15の5回。

 

 

ボディーはトップコートです。

使うのはポリウレックス。

シンナーは少し多めにしてあります。

 

10:00,11:30,12:30,13:45,15:00,16:30の6回。

 

そしてまた日を跨いで、、、、

ボディーを先に仕上げます。

 

水研ぎです。

 

石鹸水を用意して、#800からスポンジパッドに貼り付けて研磨します。

 

 

#1000、#1500と番手をあげて最後に角を研磨します。

 

塗面に結構うねりがあったので時間がかかりました。数カ所目をつむるところもありましたが、なんとか終了。

 

最後にバフ掛けです。

コンパウンドまで終えてとりあえず時間切れ。

 

艶っとしました。

 

 

 

あ、ネックはこれらの作業の合間に2回ラッカートップを吹きました。

合計で13回も吹きました!!!

 

 

 

 

次回はワックスとネックの水研ぎ!

塗装工程へ

生地調整が終わりいよいよ塗装へ。未知の世界へ突入です。

 

ネックが先行しました。

 

 

まずはウッドシーラーを塗ります。これは先に作業しておいてもらいました。

さて、使う塗料は浜二ペイント製。

Uコートシーラーを1回。

次にUコートサンジングを5回。

塗装間隔は徐々に長く開けていきます。

今回は10:30/11:00/11:45/12:30/13:30/14:30

これらはポリウレタン系です。いわゆるツヤツヤテカテカのやつ。

 

 

 

合間にボディーの生地調整も終えます。

そしてボディにもまずウッドシーラーを吹きます。

乾燥後にウッドフィーラーをスポンジで塗り込みます。こちらは2回。

たっぷりと導管を埋めてあげます。

ここまで1日終了。

 

次はボディーです。

最初にウッドシーラー。

10:00にシーラーからすぐにサンディングシーラー

そしてサンディングシーラー。

合計で6回。

10:00/11:00/12:15/13:30/14:30/15:30

合間には先にサンディングシーラーを吹き終えたネックの研磨作業をしてました。

それにしてもボディは重くて大きいので吹くのが本当に難しい。

重さに気を取られている間にうっかり吹きすぎて、盛大に垂れてしまいました。

 

このあたりも全て慣れ、経験、失敗、練習といったものの積み重ねでしょうね。

修行します。

 

塗るときのテクニックはもう文字では書くの不可能。手帳に細かくイラストを書いて思いだします。

自作でやるのがなんか怖いです。でも仕方ない。失敗から学べば良いのです。

 

生地調整

ようやくここまで来ました。

と言ってもネックとボディのまだネックだけですが。

 

とにかく削る。

滑らかに。

傷を消す。

シェイプを整えて完成へ。

 

 

人間油断をするとすぐに力が偏りせっかく機械で出ていた90度が乱れます。

とにかく紙やすりを貼り付けたゴムパットの持ち方。そして当て方。

それを動かす姿勢。角度を崩さないように意識して。

 

やってみないとわからないことがたくさんありましたが、

そもそも傷を消すとはどういうことなのか?

そのあたりのことがようやくわかりました。

 

紙やすりを#150と#240と#320まで使って削ります。

 

それが終わったら面取り。角が残っていたらそこで塗装が切れてやり直しになります。なので、ちょうど良く角を丸くします。これも手作業。

 

たぶん慣れてポイントやコツが掴めればそんな大変な作業ではないと思います。

何事も場数ですね。

 

余計な傷がつかないように保護しながら、まずはネックのサイドから。

 

木口にはバンドソーの傷が。ここがかなり消しにくい傷。でも#150でこすっていればいずれ消えます。とにかく丸く面が崩れないように注意です。

 

 

ヘッドの表裏など、平らなところをまず終わらせます。このあたりはそんな大変でもないです。ただ、ベルトサンダーに当てすぎて焦げたところがやっかいでした。材が焦げるというのは、やはり下手くそということですね。その焦げが消えるまでひたすら#150でこすります。当然形がくずれないように。

 

 

途中でペグ穴の面取りもして起きます。あとはヘッドからネックにつづくところをなだらかに削ります。何度も何度も握って、ネックの左右のRのつき方も均等になるように丁寧に丁寧に。

 

そしていつか完成します。なかなかいい感じ!

 

握りはかなり太めにしようと思い、削りすぎないように荒加工をして来ました。なんとかそこは死守できたみたい。

 

この生地調整でうまく納得のシェイプになりました。

 

 

すべて終わったら、先にフレットのエッジ処理!

出たー!!! メイプル指板だから仕方ない〜。

 

これ苦手。

 

自宅でもいらないネックを使い4回フレットの打ち直しやすり合わせ処理の練習をしましたが、いまだに課題クリアできず。

 

なかなか長いトンネルに入っているようです。

 

トンネル抜ける前に本番が来てしまった…。

 

今回はとにかく削るだけ。文章にすると短いですが、書き切れないほどのポイントがありました。

 

それらは復習用のプレべとテレキャスで生かしたいと思います。